Home » オリックス銀行 » オリックス銀行カードローンの暗証番号を変更したときの体験談

オリックス銀行カードローンの暗証番号を変更したときの体験談

オリックス銀行のカードローンをときおり利用いたします。
日常生活の中で、突然に出費を強いられることがあって、たまたま、そのときに手元に現金がないことが、時としては起こります。
そんなとき、オリックス銀行カードローンが大変に役に立つのです。
キャッシュカードは名刺入れに入れておき、大事に保管しております。
ただ、昨今はキャッシュカードが盗難にあうといった事件も多発しているようです。
もし万が一盗難にあったときのために、暗証番号の変更は、必ず定期的に行っています。
もちろん、誕生した月日や携帯電話の末尾の4ケタ、同じ数字の羅列などは、すぐに悪意を持った人にはわかってしまいます。
昨今は、最初の登録の段階で設定できないようになっているのが現実です。
私の場合は、全くランダムな数字を設定して、携帯電話のアプリのメモに打ち込んでいます。
同時に、オリックス銀行の連絡先、カード会社の連絡先もあわせて登録しておき、もし紛失や盗難に気づいたら、すぐに連絡できる形にしています。
暗証暗号が正しくインプットされないことには、引き出すことができません。
そういうこともあって、年末には暗証番号を変更することを実行しています。
1年に1回だけではありますが、何年も同じ暗証番号をずっと使い続けることは、大変なリスクを含んでいます。
変更の手続きは簡単にできます。
もしかして起こるかもしれないリスクに備えるために、年に1回の番号変更はさほど苦労する作業ではありません。