Home » カードローン » カードローンの限度額について知っておくべき事とは?

カードローンの限度額について知っておくべき事とは?

限度額って何?

消費者金融で借入れの申し込みをして審査に合格すると晴れて借入れが可能になりますが、その時に業者は当人が借入れできる金額の上限を設けます。これを「借入れ限度額」と言ったりします。「ここまでの金額ならOK、これを超えては現在借入れは受け付けません」というリミットです。小口の融資がほしい人にとって上限額はあまり重要ではないと感じるかもしれませんが、これは実は重要です。というのはこの設定限度額によって金利の利率に影響が出るからです。仮にたくさんお金を借りないにしても、限度額が一定以上の額だと低金利が適用される場合があるのです。

具体的に見てみましょう。利息制限法という法律によると「限度額が10万未満の場合は設定上限金利が20%まで、限度額が10万以上100万未満のケースでは18%まで、そして限度額が100万以上だと設定上限金利は15%まで」と決まっています。ですからもし限度額が100万以上に割り当ててもらえれば、別に上限いっぱいお金を借りる金利が15%で借入れができるのです。ですから可能なら限度額100万以上を目指していきたいところです。ただしほとんどの場合新規での契約で適用される限度額は50万円くらいと言われています。ですから上限金利が18%のカテゴリーに入りますが、消費者金融の場合はふつう設定金利はその上限である18%かそれに近い利率にします。この先業者との間でやり取りがうまくいき、返済能力に信用がさらに置かれるようになれば限度額を増やしてもらう事は可能です。

ちなみに限度額に似て「極度額」という言葉が使われることもありますが、これは基本その業者が貸し付けてくれる潜在的な最高額のことを言います。極度額の中で、それぞれの契約者にそれぞれの限度額が設定されていくわけです。なかなか極度額にたどりつくのは難しいですが、まずは現時点で抱えている借金を遅れることなく返済していくことが最重要と意識しましょう。